財務資料

経営概況                             28年5月吉日

 27年度の決算は、グループ各社ともに黒字となりました。24,25各年度に実施した大規模な設備投資が一巡するとともに、経営体制の抜本的な改革が実を結びつつあり、売り上げも増加していることが黒字の要因です。新たな設備投資は、電子ベンダーの一段の機能強化の他、営業部の人員も強化しました。

 28年度は、この成果をさらに伸ばしていくことが課題です。

グループCEO 島田 一

資料 1

  • 26年経常黒字
  • 株主資本 98,565,487円
  • 実質無借金経営
  • 含み損なし
  • 自己資本比率 36.7%(27年度)
  • 役員数 5名

 

資料 2

過去5年間の経常利益・税引前当期純利益(グループ計)

年度(平成)売上(万円)

経常利益

(万円)

税引前当期純利益(万円)

27年度

48,521 1,386 1,386
26年度 47,600 1,076 1,076
25年度 47,641 ▲2,079 ▲1,042
24年度 46,888 ▲2,028 ▲969
23年度 46,775 764 741

 

資料 3

過去5年間の資本推移(グループ計)

年度(平成)資産合計(万円)負債合計(万円)資本合計(万円)自己資本比率
27年度 40,276 25,436 14,714 36.7%
26年度 41,346 27,879 13,467 32.6%
25年度 39,842 27,051 12,791 32.1%
24年度 37,806 23,774 14,032 37.1%
23年度 39,985 24,866 15,119 37.8%