ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2017年01月23日 首相就任32周年、フン・セン台頭の背景

 フン・セン首相は今月14日、首相就任から32周年を迎えた。彼はいかにして32歳という若さで首相の座をつかみとり、その後の長期支配を支える権力基盤を築いていったのだろうか。本稿では、フン・センがカンボジアの政界に台頭する1980年代までの経歴を紹介しながら、上記の問いに答えていきたい。
 フン・センは1952年8月5日にコンポン・チャーム州ストゥン・トロン郡で生まれ、地元の小学校で学んだ後、1965年から首都プノンペンのニアク・ヴォアン寺院に暮らしてリセ・インドラデーヴィーに通った。同寺院でフン・センの指導者だった左派の僧侶が、ノロドム・シハヌーク国家元首による左派弾圧によって逮捕されたことをきっかけに、フン・センは1968年に学業を捨ててポル・ポト率いる共産主義ゲリラに加わった。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込