ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2016年12月19日 LNG市場の流動性向上へ

 11月24日、経済産業省が主催するLNG産消会議が東京で開催された。32カ国から政府・民間関係者ら1000人以上が参加した。この会議は東日本大震災の翌年から開催され、今回で4回目となる。昨年から今年前半にかけてLNG価格が暴落し、新規プロジェクトの中止や延期が相次ぐ中で、買い主、売り主が取り組むべき課題について正面から議論した。過去4回と比べ議論はかみ合い、産消が歩み寄る姿勢が垣間見えた。
 この会議は、LNG市場の健全な発展に、産消が互いの立場・状況を理解し、課題克服にどう取り組むかを議論する場である。しかし、発足当初は完全な売り手市場。とりわけ日本の原発全基停止や中国の爆買い、原油高などを背景としたアジアの割高なLNG輸入価格に苦慮していた買い手にとって、「アジアプレミアム」の解消が喫緊の課題だった。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込