ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2017年04月17日 LNG供給過剰で売り主が危機感

 世界最大のLNG(液化天然ガス)プロデューサー、ロイヤル・ダッチ・シェルのガス・LNGトレーディング・マーケティング部門を担当する上級副社長スティーブ・ヒル氏がこのほど、日本で初開催された天然ガス&LNG国際会議・展示会「ガステック」に参加するため来日した。この会議に先立ち、都内で記者団と懇談し、LNG市場について強気の展望を披露した。

 シェルは2月、同社初のLNGアウトルックを作成した。それによると、LNG需要は2030年までに年4~5%の高成長が見込めるとしている。理由として、アジアの高い経済成長、中国の大気汚染対策(石炭から天然ガスへの燃料転換)、CO2削減に向けた各国のガス誘導政策、IMO(国際海事機関)による船舶用燃料の環境規制強化(C重油からLNGへの燃料転換)、欧州・東南アジアにおける国内ガス生産の減退などを挙げた。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込