ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2017年02月13日 途上国ならではの課題に商機 - ナガオカの浄水事業の事例から

第164回〜ベトナム

 東南アジアなど発展途上国ならではの課題に、ビジネスチャンスが潜んでいる。各国では急速な都市化が進む一方で、それにともなう水不足や大気汚染といった環境問題は深刻。過去に同様の経験からさまざまなノウハウ・技術を蓄積してきた日本企業にとっては、新たな市場が拡大しているといえる。
 ベトナム・ハノイの水問題に商機を見出し、市場開拓に取り組んでいるのはナガオカ(大阪府泉大津市)だ。同社は石油精製・石油化学プラント用の内部装置や取水用のスクリーン、水処理装置を主力製品とするメーカー。従業員数159人(2016年7月1日時点)の中小企業だが、特殊技術などを強みに関連市場での知名度は高い。日本国内では更新需要が中心となるなか、新たな市場を開拓するため海外展開を推進中だ。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込