ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2016年12月19日 雇用に関する規制

1.はじめに
 ミャンマーに進出した企業がミャンマーで労働者を雇用する場合、ミャンマーの法規制に従って雇用しなければならない。いずれの会社も留意すべき重要な規制であり、ミャンマーにおいて労働者を採用する際の法規制について解説する。
 会社法のみに基づく会社の場合には、国民の雇用義務は存在せず、外国人とミャンマー国民の比率を気にすることなく自由に雇用できる。しかし、経済特区法に基づく投資許可を取得した会社は、熟練技術を必要とする事業のためにミャンマー国民の熟練工、技術者及び専門職員を雇用する場合、原則として、事業開始から2年で25%以上、次の2年(事業開始から4年)で50%以上、更に次の2年(事業開始から6年)で75%以上の割合となるよう、

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込