ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2017年03月27日 ライフスタイルは外資主導で変化

 ミャンマーは、長年の軍事政権で海外との交流が途切れた結果、技術やノウハウを含め、時代の流れに取り残されてしまった。この間、海外からの直接投資を上手く活用し経済発展を遂げてきたタイ、ベトナム、インドネシア等の他の東南アジアの国々との発展格差は歴然である。しかし、2011年の民主化以降は、こうした状況に、やや変化がでてきている。海外との交流再開で海外からの投資が活発となり、ミャンマー人のライフスタイルを変え始めている。

 ライフスタイルが大きく変わったと感じる典型的な事例は、携帯電話の普及である。国内の通信会社だけだった時には、通信事情が極めて悪く海外との連絡も難しい状況にあったが、2013年に海外の企業2社に通信免許を与えてからは状況が急速に改善して、かなりストレスが無くなってきた。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込