ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2017年05月17日 マレーシアでの不当解雇に関する判例

<判例の概要>
 本件は、ある慈善団体(M社)が運営する透析センターで、ナースとして働いていたV氏が自身の解雇はM社による不当解雇だとして訴えたものである。解雇までの流れは、以下の通りである。
 M社は、V氏の3つの問題行動に対して不満を感じていた。
 ①2002年3月4日、V氏が直属の上司である主任看護師・S氏の指示に従わず、後に口論となったこと。
 ②2002年3月4日、4~5回の血液透析の挿管の失敗の後にも関わらず、同僚からのアシストや主任看護師からの許可を得ず、患者に帰宅するよう指示するなど、適切な治療をしていなかったこと。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込