ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2017年02月06日 電力事情と太陽光発電の未来

 自然エネルギーを活用した電力発電が、エコ意識の高いベトナム人の間で話題となっている。ベトナム政 府の計画では、2015 年に 4.3%程度であった家庭用ソーラー発電システム導入を 2020 年には 12%、2030 年には 36%まで推進する試みだ。
 家庭用ソーラー発電の方法には2種類ある。一つは、ソーラーウォーターヒーターを利用し、太陽光を熱に 替える、太陽熱発電だ。太陽熱発電システムは、ベトナム国内で最もポピュラーな発電方法で、ベトナム 全土に毎年約 10 万台が導入されている。そのうち 30~40%は、ホーチミン市で導入されている。
 家庭用ソーラーウォーターヒーターは 180~360 リットルが主流で、価格帯は 300~600 ドル程度だ。Dai Thanh グループの「Dai Thanh」や、

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込