ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2017年11月06日 妊産婦医療への民間投資が拡大

 ベトナムの医療市場は急成長しており、世界銀行によると2010年から2020年にかけて市場規模は72億USDから252億USDにまで拡大する見込みである。需要面で健康意識が高まっている一方、供給側では社会動員(Social Mobilization)政策の一環として、医療分野での民間投資が奨励されるようになり、外資参入規制も緩和されている。政府は、1万人あたりの病院ベッド数を2010年の20.5床(うち民間病院0.76床)から2020年までに26床(2床)まで増やすことを目標に掲げている。

 中でも産科は民間投資が相次いでおり、妊婦・新生児医療は投資奨励分野の一つとされている。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込